新亜光学工業株式会社自慢の光学製品を見てみよう

新亜光学工業株式会社の自慢となる製品たち

>

ストレスのないシャッターユニット

シャッターユニットとは

カメラで被写体を撮影する際にはシャッターを必要とします。
この際にカメラの中では映像が映し出されるフィルムに光が当てられ、その後光が遮断されるという動作が行われています。
光の感度や露出時間の調整によってフィルムに映像が残るのがそのシステムです。
といっても、そこには非常に繊細な技術が必要になります。
例えば光の加減は室内や室外で違いがあります。
またフィルムの感度も製品によって違いがあります。
どんな場合でもより繊細な写真を求めるのは全ての撮影者の思いでしょう。
カメラには様々な光学製品が用いられており精度が高まっていますが、それに合わせてこのシャッターユニットもより精度の高いものとならなければ、クオリティの高い映像は映し出されることはないのです。

新亜光学工業株式会社のシャッターユニット

新亜光学工業株式会社ではモノ作りの重要性を理解しています。
一つ製品があれば、その製品の中に使われる部品は全て同じクオリティが必要となるものです。
例えばカメラの中でレンズだけが高性能でそれ以外の製品はそうでもないと撮影された映像はどうなるでしょう。
クオリティの高いレンズを使ったとしても、全体としてより良い写真になる確率は下がってしまうものなのです。
だからこそより良いレンズにはより良いシャッターユニットが必要ということになります。
新亜光学工業株式会社ではそこまで考慮し、光学レンズのクオリティを上げると同時にそれに相応するシャッターユニットの開発にも力を注いでいます。
現在では年間1億台以上の需要を得ているのもこうした製品への姿勢が裏打ちされているといえましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る